ギガテックス・モータース

こんにちわ、ゲスト 様
Twitter
フェイスブック

シビックタイプRにヒッチメンバーを装着

今回は、シビックタイプR(ABA-FD2)にヒッチメンバーの取り付けです。

とは言いましても、国内ではヒッチメンバーがありませんので、アメリカからCURT製のシビック用を取り寄せました。

取り付けられるかどうかは情報がまったくないので、お客様にはその旨了承も頂きました。

リアバンパー周りを外して作業です。

フィッティングをしてみると、マフラーハンガー右側と牽引フックの位置が若干違うのか、が当たってしまうので、そのままでは取り付けられません。

マフラーハンガーは切断し、牽引フックが当たる部分は加工します。

微調整を繰り返しながら、このように付きました。

テールライトから配線カプラーへ分岐して、リアバンパーを戻して完成です。

バンパー自体は無加工でいけました。

ハンガーを取ってしまったマフラーも問題はなさそうです。

最後に配線の通電確認をお引き渡し。

オーナー様には大変喜んで頂けたようで、嬉しく思います。

シビックタイプRにヒッチメンバーを付けているのは、国内はもしかしたらこの1台だけかもしれませんね。